ライフスタイル

シェアハウス(ソーシャルアパートメント)の暮らし・日常を紹介します

50人規模のシェアハウス(ソーシャルアパートメント)に住んでいるわけですが、どういう日常を送っているのか気になりますよね

これからシェアハウスに住もうと考えている人・興味がある人には特にオススメします

この記事は

・どういう人が住んでいるのか

・平日の過ごし方は?

・休日の過ごし方は?

について紹介します

シェアハウスに住んでいる人の特徴は?

シャアハウスに住んでいる人は

・家の一部の設備をシェアする

・人とコミニュケーションを図る

ことを前提に住んでいます

なので、

・トイレ、シャワーなどの水回りを気にしない人

・苦手な人相手でも接していけるコミニュケーション力がある人

この2つを満たしている人が多いです

え…コミニュケーション力に自信がない…と思っている人

大丈夫です!人見知り、口下手な人も実際にいます!

そこで、大丈夫な理由を二つ説明しますね

人見知り・口下手を治す為に住む人

私の物件では人見知り・口下手な人が何人か住んでいます

その内の一人は自分から

『人見知りを治す為に来た』

と自己紹介で言った自称人見知りAさんがいます

当時は端の方に静かに座り空気になっていました

でも、1年経過すればそこら辺の人よりコミニュケーションがとれるようになります

例.

住居人さんが友達を連れてきてパーティーを開催するのは日常茶飯事ですが、その友達は初めての場所で緊張と警戒をするんですね(当たり前)

そんな中、自称人見知りAさんは積極的に声を掛けているのではありませんか!

あの、端の方に静かに座り空気になっていた人が(2回目)

そういう実績を見てきたのではっきり言えます

人見知り・口下手 大歓迎です!!

毎日人と接することで治るどころか、それ以上のコミニュケーション能力を身に付けることができるんです!!

相手から話し掛けてくる

ラウンジと呼ばれる住居人が集まる場所では、そこに居るだけで話し掛けてきます

隅でイヤホンを付けてスマホやパソコンをさわり、話しかけるなオーラさえ出していなければの話ですが…。

ラウンジに集まるということは交流を図りに来た⇒話しかける

という構図になっています

例.

・『何してるのー?』

・『お仕事は何されているんですか?』

・『夕飯は何にしますかor何作っていますか?』

みたいな感じで気軽に話題を振ってくれますし話し掛けてきます

自分から話せなくても心配しなくて大丈夫です

シェアハウスの平日の過ごし方

平日は仕事へ行く人が多いです

午前中とお昼頃はほとんど誰もいません

いるのは、フリーランスで在宅ワークしている人、平日休みの人のみです

人が集まりだすのは18時頃からです

ラウンジで料理する人がチラホラと出始め、20時には10人以上で食卓を囲む光景が見られます

その後も22時過ぎまで入れ替わり立ち替わりで5〜10人は残ります

23時を過ぎますと夜のグループが現れ2時過ぎまでお酒を飲んでいます

シェアハウスの休日の過ごし方

休日は朝8時から3人程度います

お昼まで5人も集まることはありません

私もそうですが、仕事で疲れて午前中を寝て過ごす人が多いんですね

お昼を過ぎた辺りからやっと5人程度集まりテレビを見る人・ゲームをやる人が現れます

18時から多ければ10人、20時を過ぎると20人近く集まって談笑している光景が見られます

ほぼ毎週 夜中の4時まで5〜10人残り、お酒を飲んでトランプやジェンガをして遊びます

平日・休日問わず賑やかです

休日のパーティー

まとめ

全部のシェアハウスが同じ生活をしているのかと言われればそれは違います

物件によって、年齢層や設備が異なりそこにあった生活を過ごします

ですが、

・話しかけ易い人がいる

・話かけてくれる人もいる

・楽しく暮らせる!

この3つはどのシェアハウスでも同じだと感じます

今だから言えますが、人生で一度はシェアハウスで暮らしてほしいです

想像以上に快適で毎日がとても楽しいですよ!

ソーシャルアパートメントとシェアハウスの違いを解説コストを抑えて引っ越したい、住むならソーシャルアパートメントもしくはシェアハウスがいい。 でも、 『2つの違いが分からな...